【Rails】4.2系から5.0系へバージョンアップ!(後編) ちょと面倒かも・・・

今回は前回の続きで、railsを4.2系から5.0系へバージョンアップした後の対応についてまとめました。 けっこうやることが多いので粛々とやっていきましょう!   動作確認環境 Mac OS Sierra 10.12.6 Rails 5.0.4 ruby 2.4.1p111   1. rails 5系から各modelが「ApplicationRecord」を継承するようになったので対応する 1-1. app/models/application_record.rbを新規作成   1-2. 各m... Read More

【Rails】意外と簡単♪ 4.2系から5.0系へバージョンアップ!(前編)

業務でrailsを4.2系から5.0系へバージョンアップする作業をしたので、対応したことをまとめていきます! 長くなるので前半と後半で記事を分けています。   まずは「4.2」〜「5.0.4」へのバージョンアップ作業からです!   動作確認環境 Mac OS Sierra 10.12.6 Rails 4.2 ruby 2.4.1p111   1. Gemfileのrailsのバージョンを変更   bundle install実行    2. アップデートを実行   3. 依存関係のエラー... Read More

【Rails】BULK INSERTでバッチ処理を1/3の時間に短縮

テーブルに大量にレコードを登録するバッチ処理の時間を短縮した方法を紹介します。 BULK INSERTという方法で約1/3の時間に短縮できました。     動作確認環境 Mac OS X 10.9.5 Rails 5.0.5 ruby 2.3.3p222 activerecord-import (0.22.0)   BULK INSERTの導入前 csvのデータをDBに登録するバッチ処理です。 csvを1行ずつ読み込む度にcreate文を発行していました。     上記のコードだと登録する数だ... Read More

【Rails】pryを使ってデバックする

前回の続きでpryを使ってデバックする方法をまとめました。   動作確認環境 Mac OS X 10.9.5 Rails 5.0.5 ruby 2.3.3p222 pry-byebug (3.4.2) pry-rails (0.3.6) pry-stack_explorer (0.4.9.2)   1. Gemfile pry-byebug:デバックができる pry-stack_explorer:スタックが確認できる   bundle install実行     2. Railsコンソー... Read More

【Rails】pryの使い方

Railsの開発効率をあげてくれるpryというgemの使い方をまとめました。   動作確認環境 Mac OS X 10.9.5 Rails 5.0.5 ruby 2.3.3p222 pry-doc (0.11.1) pry-rails (0.3.6)   1. Gemfile pry-rails:rails cでirbの代わりにpryを使えるようになる pry-doc:クラス、モジュール、メソッドの定義を確認できる   bundle install実行     2. Railsコンソール... Read More