Rails管理画面作成用のgem「administrate」- 導入編

railsの「administrate」というgemを使ってみました。 
以下のデモページのようなデザインされた管理画面が簡単に作れてしまいます。
  
ドキュメント
デモページ
github
  
  
だだし、ドキュメントに記載されている通り、現在はpre1.0のようです。
今後、仕様変更などがある可能性があるので注意です。

Administrate is still pre-1.0, and there may be occasional breaking changes to the API. Check the release notes for important updates.

  

導入手順


Gemfileの設定

bourbonも一緒にインストールすること!
administrateのみだと、アプリ起動時に、下記のエラーが発生しました。

vendor/bundle/ruby/2.3.0/gems/administrate-0.3.0/app/views/administrate/application/_search.html.erb where line #3 raised:
File to import not found or unreadable: bourbon.

  

bundle install

  

administrateで扱いたいモデルを作成しておく

  

モデル作成後にadministrateをインストール

インストール時に設定されてたルーティングと作成されたファイル

モデル作成前にadministrateをインストールすると、下記のエラーが発生しました。

vendor/bundle/ruby/2.3.0/gems/railties-4.2.7.1/lib/rails/generators/named_base.rb:102:in block in class_name': undefined methodcamelize’ for nil:NilClass (NoMethodError)

  

アプリを起動すると作成したモデルに対応する画面が表示される

  
・初期表示

  
・New categoryボタンクリック時

  
・Create Categoryボタンクリック時

  
以上で、administrateの導入は完了しました。
次回は、administrateのカスタマイズについてアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website