Rails管理画面作成用のgem「administrate」- カスタマイズ編(モデル追加)

今回はモデルの追加について説明します。

  • 既存の画面に新規のモデルを追加
  • Dashboardの編集

  

既存の画面に新規のモデルを追加


新規モデル追加

  

migration実行

  

administrateに新規作成したモデルを追加

作成されたファイル

  

ルーティングを追加

  

アプリを起動すると新規作成したモデルが追加されている

デフォルトでは一覧画面にはモデルのカラムが3つまでしか表示されていない為、以降の手順で非表示のカラムを表示させます。

  
  

Dashboardの編集


Dashboardの内容

practice_content_dashboard.rbを開くと以下のようになっています。

  

Dashboard編集

上記ソースのコメントに記載されている通り、COLLECTION_ATTRIBUTESにindexに表示するカラムを設定しているので足りない項目を追加します。

  
アプリを再描画すると、追加したカラムが表示されている。

  
  
次回はカスタムフィールドについて投稿したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website